2017/5/25 Thu.


3、地元住民がオススメする隠れた名所『恵那神社』
〔カテゴリー:神社/穴場/歴史〕

 

とても静かに佇む「恵那神社」。

皆さん、「恵那」という言葉、「胎盤」等を意味すると知っていましたか?
おそらく胎児を包んでいた膜や胎盤などを指す「胞衣(えな)」から語源がきているのかなと思います。その言葉に由来するかのように「恵那神社」には天照大神の親にあたるイザナギとイザナミが天照大神を生んだ後、胎盤などを恵那山山頂に埋めたと言われているそうです。そんなこの場所は、ヒガシミノ団地主催「大人の部活動」でも前回の会合で話題に。その際、「恵那神社」の宮司さんをお招きしてお話を聞く会を開こうということになり注目しているスポットなのです。しかし、私はもちろん、実は地元の松下も行ったことがないとな。では、「この機会に一度行ってみよう!」となりSAITOEさんにもお付き合いいただいて、訪ねてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

境内に足を踏み入れると、ひやっとした空気が漂い清らかな雰囲気。まさに神聖な場所という感じです。

 

夫婦杉が神々しい。お参りを済ませ一通り、境内を見て回りました。

…しかし、何だかわからないが、ゾクゾクする(いい意味で)。

私だけかと思ったら、SAITOEさんも「私、霊感とかないけど何か背筋がゾクッとする」と同じ感覚を感じていたことには驚きました。なんだか神様に「しっかりしろよ」と背中を叩かれている気がして、背筋が伸び気持ちがシャキッとしました。昔の方もこうして、お参りしては自身の襟を正して帰る場所だったのかもしれませんね。

 

恵那神社から見える里山の風景。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇大人の部活動についてはこちら
【過去の記事】
2017/3/9(木)
2017/4/17(月)


4、地元住民おすすめの『串カツの店』
〔カテゴリー:串カツ/穴場/居酒屋〕

 「中津川に来たからにはソウルフードを食べないと!」と中津川出身の松下(ヒガシミノ団地の管理人)。私もはじめて、中津川に来た通過儀式としてしっかりいただきました(さっぱりしていて、お腹いっぱいでも食べれる)。そうならばと「五十番」の焼きそばを求めて街中に。しかーし、お店に近づくと…

「あれ、やってる気配がないぞ…」

この日、臨時休業だったようで残念ながらありつけず。またの機会にということになりました。ちょうど「五十番」へ向かう近く路地で気になっていたいい感じの古さからくる素敵な哀愁を放っている店構えの串カツ屋さんがあったので、「あそこなんて、どうなんですか?」と松下に聞いたところ、「あそこ、実は色んな人からおいしいと聞いているところでなんだよね」と。じゃあ、もう行くしかない!と腹ペコな我々は即断、お店の門をたたきました。

その名も「串カツの店」。何てわかりやすい!すでに、先客で店内はギュウギュウ。コノ字型になったカウンターの中にまたいい雰囲気の女将さんがおひとりで切り盛りされていました。

串カツの店ということで一通り、串カツなどを注文し待機。そして、いざ実食。

他にも大根おろしとポン酢やショウガが乗せられた串カツもなかなか。

ビールによく合う!帰ってから飲む予定にしていますが、思わず何本も瓶ビールを注文。またお気に入りのお店が増えました。

余談ですがSAITOEさん、彼女独自の笑いのツボがあり「串カツの店」で突然、笑ったかと思うと高速で回り続ける電子レンジが何やらツボに入ったようです(確かにすごく高速で回り続けていた)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●おまけ ― 1日の締めに「お疲れさま、私たち。」

この日のお風呂:クアリゾート湯舟沢
・SAITOEさん一番お気に入りのお湯でした。ヌルヌルでスベスベ。

寝る前の一杯:鯨波(日本酒)
・私も大好きな日本酒。おいしいと言いながら、スルメイカの簡易炙り方をSAITOEさんから教わり一緒に頬張る(まだ食べるのかい)。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

旅は、《DAY2》へと続く。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。