本町エリアリノベーションのプロジェクトを始めるきっかけとなった学習会のレポートになります!

この学習会は天満屋プロジェクトの一番初めに皆さんに集まっていただき行った会になります。まだまだ暑いころで天満屋に40人以上の方々が集まりお話したことを覚えています。(今頃その記事をあげております・・・(笑)

我々や真野研究室の自己紹介を含めた形で、一番最初にまず空き家の現状や空き家とはどのような活用事例や事業があるのかを皆さんにお話しながら、そうした空き家を活用して本町がどのようになったらいいかを簡単にお話した場でもあります。

この場所では本当に様々な意見がでていましたし、本町の課題なども教えていただけた会となりました。
例えば
・ゆっくり休める場所がない
・お昼を食べられる場所がない
・アピタができてあちらに賑わいが移った
などなど、僕らとしても馬籠などを目指す観光客の方々を中津川宿ではあまり見ないなと感じてもいました。

この会で純粋に感じたことは、本町というエリアは本当にまちを誇りに思ってどうにかしたいと考える方々が多く、しかも実際に活動もされていて本当にやさしくていい方々ばかりのエリアだなと感じました。その時感じた思いが今の本町エリアリノベーションのプロジェクトを始めるきっかけだったなと記事を書きながら改めて思っています。

この会を行ったことで本町地区に何があればいいのか、当時は漠然と天満屋がゲストハウスになったら面白いだろうなとしか考えていなかったので、本気で考えていかなければいけないし、天満屋はその風穴を開ける存在になればと思いました。

実はこのころ母校である工業高校の先生のご縁もあり工業高校にてお話をして本町地区に欲しいものなどのワークショップもしていました。

その時に出ていた意見で多かったのは
・映画館
・漫画喫茶
などの意見が多くありました。
確かに中津川は映画など楽しめる場所はないし、高校生くらいの年代が集まったり少し時間をつぶせる場所は駅前周辺にはあまりないなと気づかされました。

もしかすると今後本町エリアリノベーションで高校生の集まれる場所や、文化的な何かに触れる(映画や芸術?)ことのできる場などもあったらいいなと感じました。

個人的にですが、パン屋さんがいま一番本町にあったらいいなと思ってます(笑)
このような流れから本町エリアリノベーションは始まりました!

次回の記事は、そのあと行った空き家検討会についての記事を書きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。