空き家活用事業

空き家活用事業について

一般社団法人ヒガシミノ団地は、空き家ならなんでも活用するわけではありません。価値のある建物や活用時のイメージができる空き家のみ活用しています。その理由は、空き家の多くが相続して使わないけど壊すのにお金がかかるから、という所有者の怠慢により生まれるからです。私たちは空き家の問題を所有者の意識の問題と考えているので、あんに空き家を活用することがいいことだとは思っていません。
私たちは価値のある空き家を「点」として活用することで、周辺エリアである「面」をリノベーションするという事業を行っています。水面に水滴が落ちる場所が空き家だとしたら、そこから波紋が広がるエリアが面となります。

これまでの空き家活用事業

中津川市本町地区

中心市街地にある本町地区には古くからからある建物が多く、価値のある建物がいま空き家になっています。そうした空き家を活用してエリアリノベーションを行っています。

  • 大人の部活動の様子
中津川市落合地区

中山道の宿場町で、古くからの建物も点在していますが、住宅地となっているためその面影はありません。新しい建物や古くからある建物が点在する中で、周辺エリアに対して空き家で何ができるのかを常にチャレンジしている地区になります。

事業内容のページにもどる